感覚を鈍らせる薬

Common drugs

早漏というのは、SEXのときに挿入から数分、あるいは1分も持たず30秒ほどで快感がMAXに達して射精してしまうという現象のことをいいます。読んで字のごとく、「早めに精液が漏れてしまう」という現象を表しているわけです。この現象の内容を見れば、それが起こる理由は明らかでしょう。要は快感に耐えることができずにすぐ絶頂を迎えてしまうことこそ、早漏の最大の原因なのです。早漏改善をするには、これをどうにかする必要があります。

「感じてしまう」というのは、これはもう半ば精神的なクセになってしまっていることなので、ちょっとトレーニングをしたからといってすぐに変えられるわけではありません。それに、「感じないぞ、感じないぞ」と念じながらするSEXというのは、たとえ長持ちしたとしてもむなしいものです。というわけで、肉体のほうにちょっとした改造を加えましょう。早漏改善に利用できる局所麻酔用の塗り薬、リドカインを使うのです。

リドカインは、そもそもは早漏改善用に開発された薬ではありません。ケガをしたとき、痛む場所に塗ることで感覚を麻痺させ、痛みを感じさせないようにする薬として開発されました。欧米では緊急救命の現場でも使われている薬であるということです。
その働きを応用するという形で、現在は早漏改善にも活用されているというわけなのです。「塗るだけ」なので非常に簡単であり、SEXの前のちょっとしたスキに、彼女に内緒で使うこともできます。