商品のレビュー動画を作成するときのポイント

誰でもできる動画撮影。動画を撮る人、見る人、共に考えてみたいと思います。

おすすめリンク

動画制作の基本

初めて自分で動画制作を始めようと思っている方のために、動画制作の基本をまとめました。

何を撮るのか

写真や活字ではなく、動画での撮影を選択したわけは何でしょうか。伝えたいことがある。それを表現するには動画が適していると考えてのことなのでしょうか。
それとも、動画で表現することをしたいから何なのでしょうか。
または、インターネットのサイトで人気をえたいからなのでしょうか。撮影能力を試したいと思ったりしている方がいるかもしれませんね。本当に色々な目的があると思われます。
記録として残しておきたいという目的の方もいるかもしれないですね。
しかし、撮影はしたものの、一度も見ることがなかったということ、経験ないですか。それは、編集などを行なって、見る人が理解しやすいようにしておくことも必要なのかもしれないですね。その編集作業で、新たな発見があったりもするからね。
撮映者の感想なども残しておくと、記録としても面白いかもしれないですね。
撮影時と鑑賞時との気持ちの動きなども感じ釣ることができそうだと、わたしは思うのですが、いかがでしょうか。

また、撮映をする対象物によっても、撮映方法が違ってくるのでしょうか。
生き物を撮映する場合と、商品などの個体を撮映する時、または、サービスなど、形のない商品を撮映する場合など、本当に、キリがないですね。
そのうちに、心を映し出す機械が発明されるかもしれないですね。
心の撮影ということでは、心電図や心拍数を測る機材をつけた人を撮影するということで、ある程度の緊張感しているかどうかを知ることもできるのでしょうか。このように、考えてみると、なんだか怖くなってきました。この世に映せないものはないんだ、というように思えてきたのです。